photographer
千里
そこの僕?」と声をかけられるほどの外見も性格も男の子のような子供時代でした。器用な母の影響で幼い頃からものつくりが大好きだった一方で、二歳から13年間続けた水泳、テニス、バレーボールとスポーツ少女。なにかを表現することが好きだけどじっとしていられない、人とコミュニケーションをとることが好き、旅も好き、そんなわたしにピッタリだったのが写真でした。
写真はわたしを色んな方々に会わせてくれ、いろんな場所へ行かせてくれ、 人生を彩り豊かなものにしてくれます。また一期一会を意識するようになりました。タイの素晴らしい部分やお料理や健康についてなどもお伝えしていけたらと思っています。
DSC08811magazine-624x936
新着記事
Chiibolina
わたしの習慣
バンコクでの生活にも慣れ、タイ語での交渉にもほぼストレスを感じなくなりました。 実はタイ文字も勉強し始めています。こちらはまだまだ、正直挫折しそうです。 タイは暖かい国だからなのか、朝と夜が活気があるように思います。わたしは特に朝が涼しくて好きです。週に1回は近所の小さい市場へ行き、野菜をまとめ買いしたりしています。 ここ、昼からはただの駐車場なんです。大きな市場に比べると安くはないのですが、日系スーパーに比べると格段に安いです。 好きな量で量り売りしてもらえるのも二人暮らしのわたしには嬉しいです。 市場に行くと、大きいもの小さいもの不揃いの野菜たち、さばかれたお肉が生々しく並びます。 スーパーでももちろんおこなわれていることではあるのですが、目の前で見ることで、「動物をいただいている 」「生き物をいただいている」という気持ちが増します。これは日本にいた頃には小さかった感覚です。 魚はざる・・・ (続きを読む)
埼玉県所沢市生まれ。

日本大学芸術学部写学科卒業。

広告制作会社勤務の後、カメラマンを志しアシスタントを始める。

東京でウェディング、ポートレート、料理、取材等の撮影経験を経て、現在タイのバンコクを拠点に活動中。

趣味は食べ歩きと料理にヨガ。

お仕事のご依頼・ご相談は、以下のメールアドレスまで、ご連絡ください。

ご意見、ご質問、メッセージ等々もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

chisato@web-magazine.co.jp

                         
 
 
 
 
         
                         
 
 
 
           
                         
 
 
 
             
                         
 
 
 
             
                         
 
 
 
             
                         
 
 
 
 
 
 
 
                         
 
 
 
 
 
 
 
                         
 
 
 
 
 
     
                         
 
 
 
             
                         
 
 
 
             
                         
 
 
 
 
 
 
 
                         
 
 
 
 
 
 
 
                         
 
 
 
 
 
 
 
                         
 
 
 
 
 
 
 
                         
 
 
 
 
 
 
 
portraits
weddings
ad / editorial
portraits
weddings
ad / editorial

著作権法に基づき、当サイトにおける全ての画像・文章の無断転載および複写等の使用を禁止します。

Copyright © 2014 magazine All Rights reserved.

Go to life work magazine
Go to creator magazine
Now position
Go to top page