cyclist
内田 健太郎
自転車やってみない?
いとこの一言で大学から自転車を始めました。
大学に自転車部あるし、せっかくだから入部してみよ
うと思い、大学2年生という遅い時期に入部しました。

最初は日本全国をキャンプしながら自転車で旅をして
いましたが、今は自転車のロードレースに打ち込んで
います。年からはトライアスロンにも挑戦しました。

自転車にはいろいろな魅力があるけれども一番の魅力
は「自転車の輪」が繋がって友達が増えるということ
です。レース中は敵かもしれないけど、レースが終わ
れば不思議と友達になってしまいます。自転車の友達
には女性も男性も、高校生から還暦を超えた人までい
ます。自転車に性別や年齢は関係ないです。

magazine  を通して自転車の楽しさを伝えていきたい
と思います。仲間と走ること、自転車をいじること、
レースやイベントに出ることなど、自転車の楽しみ方
はいっぱいあります。
01aa0d7ac00cbc143ddda960f59a0fa6ffeaf73733
新着記事
No Bicycle No Life
ツールド北海道 Stage3
ツールド北海道最終ステージ。 1周2.2kmを15周回、33km。 天候は雨。ものすごく寒いな。 昨日の疲労は抜けきっておらず。そんなの条件はみんな同じだ。 念入りにアップを行い、スタート地点へ。 シードはなく、今日は少し前の方でスタート。 しかし、最初の出だしが遅れたことで、2周無駄に足をつかってしまった。 3周回目、ようやく先頭に追い付く。 集団の中は速度は速いがペースが緩く、それほどきつくはない。 集団も落ち着いている。   たまに飛び出す人もいて、すぐに吸収されて、その繰り返しだった。   しかし、   8周回目。   ちょっとした坂で先頭に出てしまい、そのまま単独で逃げる形に…。 (あー、飛び出しちゃったーの図) 何より、先頭でたらどれくらい離れるのかチェックしておきたかった。 観客がいる中、先頭一人で逃げているときは少し気持ち良かったりも・・・ (続きを読む)
1988年、北海道札幌市生まれ。

小学校から高校までサッカー、スキーといった脚を使うスポーツばかりやる。
行き着いた脚系スポーツが自転車競技。

現在保有バイクは4台。
ロードバイク、トライアスロン用バイク、
マウンテンバイク2台。

自分で自転車をいじったりもするが、たまに失敗も…。
自転車の改造が好き。

主に北海道のレースに出場しているけど、
来年からは本州のレースにも出てみたい。

もっと強く。そして速くなりたい。

ご意見、ご質問、メッセージ等々もお気軽にお問い合わせ下さい。

 

kentarou@web-magazine.co.jp

Go to sports magazine
Go to creator magazine
Now position
Go to top page